人恋しい怪人


衝動書きなので,後日手直しします.

続きを読む

スポンサーサイト

代役屋-イベントその1


「ぴにゃだー!!」
「ぴにゃこら太じゃん」

とあるイベント会場では緑色の太った猫の様なモノが子供たちに囲まれ声をかけられている.
ぴにゃこら太と呼ばれるそれは子供たちに風船を渡し子供たちと写真を撮る.

満足した子供たちと別れイベント会場の建物の控室に入ったぴにゃこら太は背中のチャックを下ろし,中からは汗をかいた男性が姿を現した.

続きを読む

悪友6-2

翌朝,孝彦は股間から感じる快感により目が覚めた.今の姿は昨夜からこの部屋の住民である千波の姿のままだ.
少女の匂いのするベットの中,可愛らしい寝巻を身にまとっていた.

「んあっ…?なんだ…うあっ!」

視線を足の方へ向けると千波の服とショーツは脱がされ露わになったワレ目から引き釣りだされたモノを頬張っている見知らぬ少女の姿があった.

続きを読む

指輪-裏

部屋の扉を開けた瞬間感じたのは何か生暖かい物に包まれたということだ.
和葉は自分の身に何が起きたのかが分からないまま液体に包まれ部屋の中へ倒れる.
液体は和葉を包みながら触手の様なものを伸ばし部屋の扉を閉める.

続きを読む