悪友6-2

翌朝,孝彦は股間から感じる快感により目が覚めた.今の姿は昨夜からこの部屋の住民である千波の姿のままだ.
少女の匂いのするベットの中,可愛らしい寝巻を身にまとっていた.

「んあっ…?なんだ…うあっ!」

視線を足の方へ向けると千波の服とショーツは脱がされ露わになったワレ目から引き釣りだされたモノを頬張っている見知らぬ少女の姿があった.

続きを読む

指輪-裏

部屋の扉を開けた瞬間感じたのは何か生暖かい物に包まれたということだ.
和葉は自分の身に何が起きたのかが分からないまま液体に包まれ部屋の中へ倒れる.
液体は和葉を包みながら触手の様なものを伸ばし部屋の扉を閉める.

続きを読む

指輪

この作品は非人道的描写があります.それでも読みたいと思われる方だけお読みください.


続きを読む

悪友6-1.5

深夜になり人気の無くなった暗い廊下を歩いている人物が居た.ストッキングを履いた足は足音を立てない様に動いている.
窓から差し込む光に照らされたのは千鶴だった.百合丘女学院で指定されているスクール水着にストッキングを履いた格好の彼女は目的も無く廊下を歩いているようだ.

続きを読む

悪友6-1


百合丘女学院,私立女子校では有名大学への進学率も高く伝統ある高校である.
学院内には遠方から進学してきた女子生徒のために50人ほど暮らせる寮が存在する.その寮では寮母が存在し共同生活を行いつつ教育指導をおこなっている.

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。